鎌倉時代の白井市

むちうち・後遺症でお悩みなら白井駅前整骨院


交通事故治療なら白井駅前整骨院


交通事故治療の3つの約束


交通事故治療を受けられた患者様の声


交通事故治療を総合サポートできる白井駅前整骨院

鎌倉時代に差し掛かると白井市より印西市北部に及んでは埴生西條と呼ばれており、白井市内は北側に平塚郷、南側に富谷郷が存在していて、北条実時の管理下におかれます。

 

北条実時は金沢実時とも称されていて、現代の横浜市金沢区の金沢文庫であるとか称名寺の産みの親ということで知れ渡っています。

 

鎌倉時代の終わりとしては富谷郷を富谷左衛門入道が君臨することになります。

 

富谷左衛門入道は鎌倉幕府15代執権北条貞顕の養育担当という立場で、貞顕の重臣という身分で大活躍した者です。

 

南北朝の動乱が終わって室町時代に至ると、印西より白井近辺は印西庄の内郷・外郷ということでまとめられ、現在の鎌倉市における円覚寺の所領になりますが、千葉氏や原氏、高城氏に始まる在地勢力の強力に感化されることになります。

 

各地区に残っている慶長7年(1602年)の水帳や各々の書類によって確認すると、白井には印西庄内郷となって平塚郷、矢田清戸郷が、印西庄外郷と思って白井郷(もとの富谷郷)が成り立っています。

 

各郷の下には村々が存在していて、名内地区にある市指定文化財である東光院の木造地蔵菩薩立像の像内には元亀2年(1571年)の銘と共に「下総國印西庄平塚郷名折村」と呼ばれる墨書が残され、その印象が感じられます。

交通事故によるむちうち治療、その他のご相談などお問い合わせについてはコチラ

弁護士相談で慰謝料増額も可能


交通事故弁護士におまかせください


交通事故トラブル・法律関係については交通事故の専門弁護士に相談しましょう。
交通事故治療なら整骨院へご相談ください


白井の交通事故・むちうち治療は白井駅前整骨院
交通事故治療なら整骨院へご相談ください


交通事故治療なら整骨院へご相談ください