白井市は千葉県内北西部、印旛地区の最西部に存在します。

むちうち・後遺症でお悩みなら白井駅前整骨院


交通事故治療なら白井駅前整骨院


交通事故治療の3つの約束


交通事故治療を受けられた患者様の声


交通事故治療を総合サポートできる白井駅前整骨院

白井市の東側は印西市に、南側は船橋市と八千代市に、西側には鎌ヶ谷市、北側は柏市に接し、市域は広さ35.41平方キロメートル(東西おおよそ8.7キロメートル、南北7.7キロメートル)だそうです。

 

また、白井には標高20~30メートルの平面的な北総台地が広がっていきます。

 

北側においては手賀沼、南側には印旛沼へ流れ出る神崎川や二重川がございます。

 

白井は印旛沼水系の中において上流域にあたり、川が小幅で水田ができる土壌が限定されることもあり、白井市の中では明治以後に梨の生産が浸透し、近頃は全国トップクラスの梨の生産地とされて名を馳せています。

 

白井市は都市部からはおおむね30キロメートルの位置にあり、現在では市を東西に横断し東京に通ずる北総鉄道の各駅を根幹とする千葉ニュータウンを中心として人口上昇のいちじるしいエリアとなります。

 

ではありますが、市には田畑や林も数多く残り、谷津辺りでは湧水が観察可能であるなど、自然の潤沢な田園都市だと言ってもいいでしょう。

 

白井で人達が生活をスタートしたのは旧石器時代、今からおおよそ2万7千年以前のことになります。

 

以来、白井市内では縄文時代より古墳時代にいたる各々の時代の遺跡がわかっています。

 

古代の白井を案内する記録は考古学的な文書は除くとほんの僅かですが、平安時代初期の大同年間(806~809年)には竜神神話が残る「清戸の泉」が千葉県指定史跡となっているとのことです。

 

ちなみに、白井市北部には平安時代の末迄には国衙領として平塚郷が成立していたそうです。

交通事故によるむちうち治療、その他のご相談などお問い合わせについてはコチラ

弁護士相談で慰謝料増額も可能


交通事故弁護士におまかせください


交通事故トラブル・法律関係については交通事故の専門弁護士に相談しましょう。
交通事故治療なら整骨院へご相談ください


白井の交通事故・むちうち治療は白井駅前整骨院
交通事故治療なら整骨院へご相談ください


交通事故治療なら整骨院へご相談ください